特徴があるフライパン

熱を通しやすいセラミック加工

熱に弱く加工面が剥げ落ちやすいフッ素加工に代わるものとして注目されているのが、セラミック加工されたフライパンです。

フッ素加工のものと同じく、こびり付きにくく扱いやすいフライパンとして注目されているセラミックのフライパン。

有害といわれる物質は使われておらず、遠赤外線の効果があるため食材に火が通りやすいという特徴があります。

高温にも強く、加工面が熱のせいではがれることもありません。

ただ、フッ素加工のもののように油がなくても調理ができるわけではなく、油がないとこびり付いてしまうものもあるようです。

また、加工面が柔らかいため、傷に弱いのも難点でしょう。

ずいぶんと改良がくわえられ、加工面は固く傷が付きにくくなっていますが、金属製のへらなどは使わないようにしましょう。

こびり付きはしっかりと食材を熱することで防ぐことができます。

熱が伝わりやすい素材のため、中火でも十分熱する事ができますし、あまり強い火力や熱での調理はフライパンの寿命を縮める原因にもなってしまいます。

カラフルなものが多いホーロー製フライパン

鍋にはよく使われているホーローもまた、フライパンの素材として使われています。

ホーローとは、鉄などの金属の上からガラスでコーティングした素材で、カラフルなものや柄の入ったものが多いのが特徴です。

ガラスでコーティングされているため、酸やアルカリ、熱に強く調理や保存に向いています。

汚れの落ちもよく、洗剤とスポンジでがしがしと洗っても大丈夫ですし、摩擦でガラス面が剥げ落ちることはほとんどありません。

その代わりにコーティング素材が割れやすいガラスのこともあって衝撃に弱く、ちょっとぶつけただけでもすぐに欠けてしまったり、ひびが入ってしまったりします。

理想のフライパン

コーティングしている基の金属は鉄のことが多いこともあり、ひびがあるとそこから腐食してしまったり、簡単に錆びてしまうので注意が必要です。

使い終わった後はきちんと水分は拭き取りましょう。

また、鉄とガラス素材のため、重いものが多いので、取り扱いには注意しましょう。

ホーロー製のフライパンは熱の保温性もあり、簡単な煮込み料理に最適です。